うれしい悲鳴 公演情報 うれしい悲鳴」の観てきた!クチコミ一覧

満足度の平均 4.0
1-20件 / 51件中
  • 満足度★★★★★

    3.11―劇団ほのおと共に観劇
    …ひょっとこ乱舞に大爆破はして欲しくなかった。
    ひょっとこ乱舞自体の公演もかなり良かったが、
    千秋楽同時公演の劇団ほのおが極めて良かった。
    この日に観に行けて良かった。
    本物の力を肌で感じれた。
    この表現力の真実味は多ジャンルにも通じて
    生かせられるものなのかという可能性を考えた日でもあった。

  • 満足度★★★★★

    日本がひっくり返る!
    大爆破っていうだけあってホントに日本がひっくり返っちゃうんじゃないかっていうほどの衝撃を受けた! 

    いや、話はとてもシンプルなのにこの厚みはなんだろう。最前列で観せていただきエライ満足◎

  • 満足度★★★★★

    圧倒される
    ひょっとこ乱舞は初めて、なのに最終公演で大爆破!

    ネタバレBOX

    劇団の特徴である、群舞に圧倒される。
    規律が整っているようで、雑多なようで、
    けれど「舞い」になっていて、
    物語のアクセントになっている。

    観劇慣れしていないからか、
    演劇の始まりのよくあるシークエンス、
    たとえば幕が開く、または劇場が暗転するでもなく、
    役者が次々にぞろぞろ出てきて
    準備するところから始めるのに
    単純にワクワクさせられた。

    ストーリーも、感覚を持たない「鈍感」な男と
    何に対しても感じすぎてしまう「敏感」な女の話で、
    女は2人の役者が、時にさらに多くの役者演じられ、
    一面からでなく多面的に物語を

    「アンカ」、「オヨグサカナ」など、別世界を描いて
    政治風刺的な内容もありつつ、
    究極の矛盾(天皇をアンカの対象として扱うか)に
    翻弄されるというアイディアは面白かった。

    印象としては、言葉がすら~っと流れるようで、
    男の独白などは、力強く感じた。

    また舞台が階段を介して
    ロフト部分から地下にまで繋がり
    縦方向の立体感も使って
    視覚的にも圧倒された。
  • 満足度★★★★★

    新たに旅立つ決意を見た。
    ひょっとこ乱舞のいいところは独自のスタイルを持っているところ。群衆での動きからダンスに移るところなどは、オリジナリティが高い上にとても素敵だ。

    今回はストーリー性に少し重点が行き、その分詩的な部分が抑えめであった気がする。舞台美術・音響・照明・演技、それらのひとつひとつが水準高く、そのトータルバランスがこれまた見事なのである。

    それにしてもひょっとこ乱舞には素敵な役者が揃っている。劇団員だけでも豪華さを感じさせるくらいなのに、今回客演陣がまた凄い。次回、アマヤドリと改名して、劇団がどう変貌するのか、楽しみでならない。

  • 満足度★★

    群舞はお見事、しかし……
     得意としているのであろう群舞シーンはお見事だと思いました。本公演のパンフレット(面白かったです)によれば「全員で動く」ことは彼らの重要なメソッドであるらしいので、劇団名をアマヤドリに変えても、今後も何らかの形で継承・発展されていくんでしょう。
     しかし残念ながら物語はわたしには退屈だった。「感度」が今作のテーマとのことだが、登場人物たちの「痛み」が今ひとつ伝わってこない。それは、あるセリフを吐く時の(吐かざるをえない時の)根拠が不足しているせいではないか。もっと逃れようのない場所にまで踏み込めたのではないか。「敵の見えない現代」を描きたいという意志は感じるけども、「自分にしかそれを描けない」というやんごとなきパッションまでは感じられなかった。
     この物語は、いわゆる管理社会型ディストピアSFだけれども(ジョージ・オーウェル『1984年』や、レイ・ブラッドベリ『華氏451度』、テリー・ギリアム『未来世紀ブラジル』、最近では伊藤計劃『ハーモニー』etc.)、その設定がどうにも幼稚に見えてしまった。例えば「アンカ」という処置執行システムを遂行する「オヨグサカナ」のメンバーの議論には、思想的葛藤や知的蓄積がほとんど感じられず、とてもこの人たちが国家の命運を左右しているエリート官僚だとは思えない。SF的な発想には今後も可能性があると思うし、個人的にも嫌いではないけども、リアリティが必要なところはしっかり描いてほしい。誤解のないように言い添えれば、リアリズム演劇が見たいわけでは全然なく、荒唐無稽で一向に構わないのですが、なまじロジカルな説明によって世界観を構築しようとしているのに、その論理が幼稚なのでは説得力に欠けてしまう。ただ、(小説や映画と違って)演劇でそれをやることの難しさも分からなくはないので、だとしたら思い切って説明的な部分を書かない、とかの英断もアリなのかもしれない。
     演出・演技の面では、肝心の「感じない男」の長ゼリフが魅力的ではなかった。実力ある俳優たちはいたはずなので、個々の場面が生きてくれば、もっと豊かで起伏のある舞台にできたのではないかと思ってしまう。観た回がとりわけ良くなかった、という可能性もあるかもですけど。

  • 満足度★★★★

    空間を揺るがす演劇
    言葉が世界を、構造を立ち上げる。その世界の中で俳優たちの身体が震え、客席と共振する。言葉(戯曲)と身体が織りなす、演劇のダイナミズムを体現するような芝居だったと思います。

    理不尽で不条理な暴力が横行する近未来にあって、痛みを感じない男となんでも過敏症の女の結びつきを描く物語は、政治や社会状況への疑問を抱えながら、現状を甘受し続ける私たちの現在の写し絵なのでしょう。一つの役を複数の人物の証言や演技で表現するスタイルは、個と集団のさまざまな関係への思索を促す、とても刺激的なものでしたし、時おり差し挟まれる鮮やかな群舞(乱舞)もまた現代の群衆や大衆のあり方を思わせ、物語にさらなる奥行きを与えるものとなっていました。



    ネタバレBOX

    男性の役を複数の俳優が演じる(証言する)のに対し、女性の役は二人。そこになにか含意があるのか、とても気になったのですが……それについては最後までうまく読み取ることができませんでした。

    詩的な言葉とストレートなメッセージの絡め方にも、演劇らしいジャンプ力があり、スケールを感じます。もちろん、そのダイナミズムを感じ取り、ついていくのは、観客としても体力のいることでしたし、長いモノローグになると、どうしても客席ごと「気分で流されている」ような気もしてしまいました。とはいえ、この言葉と想像力と現実とをつなぐ感性、そこから生み出される空間の、今どき珍しいほどの「ザ・演劇」感には、格別なものがありました。
  • 満足度★★★★

    架空の日本の物語が詩と踊りとともに沁み込んで来る
     いつもながら群舞が素晴らしかったです。選曲が個性的で飽きさせません。劇場のロフトを使い、奈落まで続く階段でシャープな空間をさらに広く見せた舞台美術でした。衣裳は一人ずつデザインが異なる現代服ですが、赤、青、緑、灰色と色を合わせることでスタイリッシュに見せていました。ただ、初日(プレビュー翌日)の仕上がりは一体感、緊張感、柔軟性などで今一歩。まだまだこれから成長する舞台だと思いました。

     不感症(痛みを感じない)の男と過敏症(何もかもにアレルギー反応)の女を軸に物語は進みますが、彼らを演じる役者さんはあくまでも“代役”で、男のセリフを複数の男優が語ったり、女は2人の女優さんが演じ続けるなど、特定のヒーロー&ヒロインの物語に固定させず、誰にでもあてはまる普遍性を保っていました。

     震災以降の空気も含め、日本という国を冷静に見つめる視点を持った社会派戯曲でもあり、演劇が持つ豊かな可能性を堂々と引き出す詩的なセリフも美しかったです。ひょっとこ乱舞の作品はそれほど多くは拝見していないのですが、戯曲は広田淳一さんの最高傑作ではないかと思いました。

    ネタバレBOX

     お父様がくも膜下出血で倒れたために降板した、劇団員の女性の録音の挨拶から開幕(なぜかお風呂に入ってしゃべってました)。極々プライベートな内容なので驚きました。「ひょっとこ乱舞、大爆破」というセリフで始まるオープニングもいきなり過ぎて戸惑いましたが、ダンスが始まるとわくわくして、スムーズにお芝居の中に入って行けました。

     舞台は近未来の日本。テキトーに作った法案“アンカ”を例外なく絶対実行させるための暴力組織“オヨグサカナ”が編成され、「これが本当に日本なのか?」と疑うほどひどい政策が次々と実行される、信じがたい世の中になっています。アンカのせいで人生をめちゃくちゃにされた人もいるのですが、人々はそれが当たり前だと受け入れ、慣れてしまっています。その法案を誰が作ったのかは問われず、誰も責任を追求せず、誰も責任を取らず、ただ「そう決まっているから」となし崩し的に実行されるのは、お役所仕事や昨年の原発事故を連想させます。

     オヨグサカナのメンバーである男は、「強制お引越し法」なるアンカが適用された地域にたまたま住んでいた女と出会い、2人は恋に落ちます。男はエレベーターに閉じ込められ1週間後に奇跡の生還を果たして以来、不感症。女は幼いころに発症して以来、部屋から一歩も出られない過敏症でした。
     正反対の2人は徐々に変化して恋の奇跡を謳歌しますが、幸せは長く続きませんでした。「植物人間の臓器を入手する」というアンカが施行された時、女の母親がくも膜下出血で倒れ、植物人間になってしまったのです。男はオヨグサカナのメンバーとして女の母親の臓器を奪う使命を帯び、女は母が死ぬ時は自分も死ぬと固く決心しているので、2人は敵同士になってしまいます。

     ロミオとジュリエットのように引き裂かれた男女のエピソードと並行して、意識不明の重体である(と噂される)天皇にも例外なくアンカを実行すべきかどうかをめぐり、オヨグサカナ内で闘争が始まります。やがて政府が転覆させられ、オヨグサカナは解散。「植物人間の臓器を入手する」アンカが実行されてすぐのことでした。
     女を殺した男は不感症から過敏症になってしまいます。女を殺したことについて考え過ぎて過敏症になったのか、愛した女との同化を強く望んでそれが叶えられたのか、理由はわかりませんが、愛ゆえだと私は思いたいです。

     物語の顛末があらわされた後は、詩でした。「月と海がケンカしてる。その仲裁に入ろう。」
     そしてオープニングと同じ(と思われる)群舞がリプライズされました。踊るのは市井の人々、つまり私たちです。まるで細胞の運動のように見えました。収縮と弛緩、集合と離散を繰り返す生命の営みであり、宇宙と星々の関係のようでした。
     終演後、誰もいなくなった舞台を観て開演前のアナウンスを思い出しました。降板した劇団員の女性のお父様は、登場人物の母親と同じくも膜下出血で倒れられたのです。これは2012年2月の日本の話なのだと感じ、オヨグサカナも、過敏症の女も、詩も、踊りも、一気に沁み込むように体に入ってきました。
  • 満足度★★★★★

    最終公演と銘打つ覚悟と気迫を感じた
    脚本が秀逸。
    改めてじっくり読んでみたい。
    男と女、最小単位の人間の関わりを描きながら、表現しているものはスケールが大きく、我々が日ごろ気づいていながら見ないフリをしている現実。痛く、切ない。
    乱舞の迫力は合唱におけるユニゾンのようなエネルギーと説得力をもって訴えてくる。身体表現のうつくしさ。演者の呼吸、感覚を合わせ、ひとつの乱舞にするには相当訓練を積んでいるのでは。
    舞台美術も空間を上手く使っていてよかった。

  • 満足度★★★★

    初めてで最後の「ひょっとこ」
    念願かなって「ひょっとこ」を観劇。群舞の心地よさもさることながら、
    ストーリーの奥深さに感動!「痛覚のない男」の回想や母娘のやりとりに
    少し長さを感じもしたが、作家の想いはしっかり伝わった。最後に向けての展開と引力はさすが!

  • 満足度★★★

    乱舞はさすが
    乱舞はさすがの出来。ちょっと少な目なのはもったいなかったな。もう少し見たかった。
    物語はキャストに比べキャラが少ないのが影響してるのか、世界観の広がりが押さえられしまってる感じがした。

  • 乱れない乱舞がきれい
    20人くらいの人たちが常にあっちこっち動いているんだけど、
    すごく美しかった。

    演出のセンスと根気がないとやれないと思います。

    吉祥寺シアターはじめてでしたけど、いいですね。

  • 満足度★★★★★

    爆破
    痛覚が無い=鈍感=空気が読めない男と、過敏症=敏感=必要以上に他人の気持ちを読み込んでしまう女。

  • 満足度★★★★

    大爆破寸前
    大爆破の3月11日の前日10日に観劇しました。テーマは重いがそこまで説教臭くもなくストーリーもスッと入ってくるのは物語自体がしっかりと起き上がっているという脚本の巧みさであると思う。多分何年か後にこの作品をもし観ることがあったとしても震災がテーマとして含まれてるとは思わないだろう。大爆破寸前を味わえてよかった。
    勉強になりました。ありがとうございます。

  • 満足度★★★★★

    素晴らしい
    美しい、乱舞。言葉も身体も舞う。

  • 満足度★★★★

    乱舞堪能
    ひょっとこ乱舞を観たのはまだ2回目ですが、澄んだ空気感と乱舞のリズムに魅了されます。誰かを抱きしめたくなる話だったなー。

  • 満足度★★★★★

    カッコイイ
    洗練された芝居という印象。
    凄く良く出来た物語で自分は好み。
    色々考えさせられた。
    アマヤドリになっても頑張って欲しい。

  • 満足度★★★★★

    戯曲こそ素晴らしい
    みなさんあまり指摘していないので書きますが、戯曲が非常によくできています。岸田賞を取ると思います。

    もちろん、改善できることは、演出面も含めていろいろあるのでしょう(厳しい評価をする方が指摘する点のいくつかには同意できました)。しかし、「大爆破」ですから、はなから上演されるものの完成度は目指していなかったと思われます。それにしても、戯曲の完成度は非常に高い。

    物語の構成に破綻がなく、伏線がきちんと機能しています。古典的な結構を備えていると言いたいほどです。語りの使い分けも見事で、平田オリザ以降の口語ダイアローグと野田秀樹的モノローグが、自由自在に使い分けられていました。具体的なことはネタバレBOXに。

    ともかく、これだけ多形的・多義的な意味作用を含みながら、物語としてきちんと構築された戯曲を、評価しないわけにはいきません。ぜひ公刊していただきたいと思います。

    ネタバレBOX

    痛みを感じない男が、かつての事故について、死者の肉のうちに閉塞することで逆に全宇宙と一体になる経験を語るところは、カタリの力が全開でした(役者ではなく戯曲が)。ライプニッツや西田幾多郎に通じる形而上学的ビジョンを、言葉の力で舞台上に出現させることができていたと思います。

    また、対話の中で、天皇制をめぐるやばい結論に、登場人物と観客が同時に思い至る瞬間は見事でした。そのあと、ちょっとそれに言及しすぎたのは残念でしたが。

    日本的権力構造(空虚な中心、責任者なき暴力)を批判するというモチーフは、観客に勝手に気付かせてぎくりとさせておいて、暗示的に展開した方がよかったかもしれません。近年の野田秀樹もそうですが、作品自体は多義的なのに、観客を政治的メッセージの側面にだけ注目させてしまうきらいがあります。

    それにしても、と再び言いますが、この時期に東北大震災のモチーフに単純に引き摺られない戯曲を作り上げた広田氏の知性は賞賛されるべきです。柴幸男の「テトラポット」がその点で残念なことになっていたのと好対照でした。

    私はときおり、放射能に過敏なひとたちのことを思い浮かべましたが、観客がそうやって個々に何かを思い浮かべる程度にモチーフを抽象化して、普遍的な物語を構築できていたと思います。天皇制ももうちょっと抽象化してほしかったけれども。
  • 満足度★★★★

    もっともっと上へ
    モノローグは、話し手がいろんな意味で100%その言葉を自分のものにしなければならない。長台詞は、言葉に観る者の想像力を煽ぎ続ける力がなければならない。当たり前のことだが、今回マキノが無痛覚になった情況を語るシーンは、それを満たしていなかった。引き付けられた人もいるようだが私は不覚にも眠気に襲われた。ミミの卒業式の日の演技と台詞は、あれほど執拗に繰り返す理由(母親の「ずっといっしょにいてあげる」を引き出すためだけとは思えない。)が見つからず、疑問だけが残るすっきりしないシーンとなった。ずっとジェットコースターに乗っているかのような心地で観劇できた前作と比較するのは避けられないし、当然前作以上のものを期待してしまうわけで、それは叶えられなかった。5☆は次回以降に持ち越し。

  • 満足度★★★★★

    最終回
    突き刺さる言葉がたくさんあって、せつなくなる言葉がたくさんでした。
    言葉がどんどん悲鳴になって聞こえてくる。

    緊張感のある内容だし、芝居もそうでした。
    笑う場所がいろいろあって、突然出てきて、笑わせて、また心地いい緊張感に浸る、そんな繰り返しに感じました。

    うれしい悲鳴の前に、「ほのお」の朗読劇があって、
    千秋楽のチケットを取っておいてよかったと思いました。

    アマヤドリが楽しみです。

  • 満足度★★★★★

    大爆破の日に初めて。
    3月11日の大爆破の日に初めてのひょっとこ体験でした。
    群舞は、さながら魚群(泳ぐ魚)のごとく、舞台が一つの有機体としてとして感じられ、素晴らしいエネルギーと統率力(ネガではないです勿論)が感じられました。戯曲は綿密ながら、時間の往来が自由で、詩のようなリズミカルな大量の台詞。これらを実現する、動く身体としゃべる身体、強いからだ達が躍動していました。
    「泳ぐ魚」というのはなんとも示唆的ワードで、統率がとれているものの、意思決定主体の見えない感じ、中心の不在を示しているようで、いかにも日本なのではないかと思えてきました。
    主人公にあたる二人のエピソードから、「個」の存立、世界との関係性、いろんなことを考えながら、豊かな余韻を味わいました。
    大爆破の日に初めて行って、これでお別れだなんて少し悲しいくらいです。新生「アマヤドリ」は別のコンセプトになるのでしょうかね。

    プチフェニックス企画の「ほのお」公演、私としては、観ること出来て、貴重な言葉に触れたと、思います。機会を作って下さったことに感謝します。

    豊かな観劇体験でした。素敵な時間を有難うございました

このページのQRコードです。

拡大