演劇

エイチエムピー・シアターカンパニー/レパートリー

演劇

エイチエムピー・シアターカンパニー/レパートリー

traveler

エイチエムピー・シアターカンパニー(一般社団法人HMP)

ウイングフィールド(大阪府)

2011/01/22 (土) ~ 2011/01/23 (日) 公演終了

上演時間:

travel=(光・音などが)伝わる (心・目が)次々と移る

〝traveler(旅行者)〟とは「見る側」と「見られる側」の境界線上に存在するもの。

フランツ・カフカの短編小説『流刑地にて』を題材にしたフィジカルシアター。

「足跡」「駅」「汽車」「街(1日目)」「宿」「街(2...

もっと読む

埋め込みコード

このコードをブログ等に貼り付けると、簡単に公演情報を記載できます。
Access

公演詳細

期間 2011/01/22 (土) ~ 2011/01/23 (日)
劇場 ウイングフィールド
出演
脚本
演出 笠井友仁
料金(1枚あたり) 2,000円 ~ 2,500円
【発売日】2010/12/01
日時指定自由席
※整理番号の発行は開演40分前、開場は開演の30分前です。
※前売・予約のお客様の入場が優先となります。
サイト

http://www.hmp-theater.com

※正式な公演情報は公式サイトでご確認ください。
タイムテーブル
説明 travel=(光・音などが)伝わる (心・目が)次々と移る

〝traveler(旅行者)〟とは「見る側」と「見られる側」の境界線上に存在するもの。

フランツ・カフカの短編小説『流刑地にて』を題材にしたフィジカルシアター。

「足跡」「駅」「汽車」「街(1日目)」「宿」「街(2日目)」「乳母車」「狐の嫁入り」「いま、ここ」「赤い家」「壁」「蒸気船」「コーラス」の13シーンからなるこの作品は、1人の旅行者を軸として、空間と時間の境界線を行き来する物語である。セリフが入っている箇所は、「足跡」「宿」「街(2日目)」「蒸気船」の4シーンのみで、旅行者の物語の殆どが俳優の身体によって語られる。

昨年より立ち上げたレパートリー・シアター第二段。
今回は、劇団の代表作品となる『traveler』を新しい出演者を迎えて上演。本作品を一つの「メソード/方法論」とし、作品をリ・クリエイションする。
その他注意事項
スタッフ 原作=フランツ・カフカ『流刑地にて』
構成・演出=笠井友仁
音楽=obscure film
舞台監督=堀田 誠
音響=宮田充規
照明=根来直義
制作協力=尾崎雅久
宣伝美術=BOKU
カンパニー・メンバー=臼井沙代子 田口 翼 川内絵里奈 伊藤歌枝子 砂原万記子 
協力=CQ 尾崎商店 Gekken staff room Top. Gear イロリ村 (有)松本工房
提携=ウイングフィールド
助成=大阪市
主催=エイチエムピー・シアターカンパニー

[情報提供] 2010/09/24 23:44 by エイチエムピー・シアターカンパニー

[最終更新] 2010/09/25 15:28 by こりっち管理人

クチコミを投稿すると
CoRich舞台芸術!のランキングに反映されます。
面白そうな舞台を応援しましょう!

この公演に携わっているメンバー4

森田かずよ

森田かずよ(0)

出演者です。ぜひぜひ!

○

(3)

役者・俳優 制作

制作です。一昨年の公演とは又一味違うトラベラーを是非。

高安 美帆

高安 美帆(0)

俳優として出演します。是非★

トラックバックURLはこちら

このページのQRコードです。

拡大