※CoRich運営事務局はテーマの真偽について調査を行っておりません。募集情報に応募する前に、投稿者のプロフィールや公式ウェブサイト等をよくご確認ください。

銀座九劇アカデミア3月WS 身体で語ろう!〜身体の表現を増やす〜

  • しもつかさ しもつかさ(0)

    カテゴリ:ワークショップ告知 返信(0) 閲覧(87) 2018/02/14 19:54

Bbs 46468
銀座九劇アカデミアで、身体と話しませんか?
独特の世界観と不思議な空気間で観客を魅了する「泥棒対策ライト」
その主宰である振付家・演出家・ダンサー下司尚実氏がワークショップを開催します。
あらゆる感性から広がる不思議な動きの引き出しを、見つけに来てください。

回数 全4回(全ての日程に参加可能な方に限ります)

時間
3月6日(火)
18:00~22:00

3月13日(火)
18:00~22:00

3月20日(火)
18:00~22:00

3月27日(火)
18:00~22:00

3月毎週火曜日開催 終了は21:45を予定しています。
参加費 10,800円
定員 最大20名
達し次第締め切らせていただきます。

応募資格
18歳以上の俳優・ダンサー、またはそれを目指す人

参加費
10,000円(税抜き)
税込み金額10,800円

詳細HP
https://asakusa-kokono.com/sp/academia/2018/01/id-4463

【泥棒対策ライト主宰・下司尚実コメント】
舞台上でどう在るかということが、物語を紡ぐ上でとても重要なことのように思います。
その一歩をどういう身体で描くのか。お客様の想像力をどうノックするのか。
舞台の上に立つと全身隠れようがありませんから、身体の表情が増えれば、芝居をする上で
非常に大きな武器になります。自分の身体が今どんな色、どんな個性を持っているのか確認しつつ、一緒に新しい風を吹き込む時間にしていきましょう。

【下司尚実プロフィール】
振付家・演出家・ダンサー。自由形ユニット“泥棒対策ライト”主宰。
個性を生かしたぬくもりある作風は2016年MITAKAネクストセレクション、シアタートラム・ネクストジェネレーションに選出されるなど注目を集めている。また、2009年『パイパー』よりNODA・MAPに参加、出演及び演出助手を担当。
振付作品に野田秀樹演出オペラ『フィガロの結婚』、彩の国さいたま芸術劇場日本昔ばなしのダンス『いっすんぼうし』などがあり、ハナレグミ、東京スカパラダイスオーケストラのLIVE出演や、eastern youth『ソンゲントジユウ』MV出演などその活動は多岐にわたる。
【泥棒対策ライト】 http://dorotai.com/

このページのQRコードです。

拡大